FC2ブログ
好きなマンガやアニメ・ゲームなどを語る場であったり、日々の呟きであったり…。徒然なるままに書き綴っています。
怪談えほん いるの いないの
2016年10月23日 (日) | 編集 |
怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)
京極 夏彦 東 雅夫

岩崎書店 2012-01-28
売り上げランキング : 112059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ラストにしてやられました。おもいっきりビビってしまったではないですか。油断してました。
これ、大人が読んでもトラウマレベルでびびるのに、子供が読んでしまったらどうなるんだろう。
多分トラウマどころじゃなくなるような気がする。
でもなんとなくだけど、子供にはこういう恐怖も必要なんじゃないかなとも思う。
何にも怖いことを知らずに育つことも怖い。でも必要以上に怖がらせる必要もないといえばないんだけど、悪いことしたらおばけがでるんだぞ~的な怖さで誰かがいつもみているぞ、隠れて悪いことしてるのもみんな知ってるんだぞみたいなことは必要であるとは思います。
そんなある意味衝撃なラストを経て、改めて読みなおしてみると、にゃんこがたくさんいてほっこりしながらも、おばあさんの家は古いながらもドラム式の洗濯機とか背の高い大型の冷蔵庫がおいてあるとか、かなり裕福というかハイカラの家なんだな、とそんなわりとどうでもいいことに感心してました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック